大地の芸術祭レポ 第3段「越後しなのがわバル」

昨日アップした「火の玉発動機的世界」にご本人からコメントをいただき、1日中興奮状態でした!facebookでもお友達になっていただいちゃってwお互いに絵本出版が夢(田崎さんの方が断然現実的ですが…)という事もわかり、自分自身の絵本制作の妄想をさらに大きくさせてくれた1日となりました。

前置きが長くなりました。大地の芸術祭レポ 第3段は「越後しなのがわバル」です。マッシモ・バルトリーニさんの作品。
言わずと知れた芸術祭の拠点のひとつとして有名な建物、越後妻有里山現代美術館「キナーレ」の中にあるダイニングバーです。ダイニングバーと言ってもお食事やソフトドリンクも有り、もちろんお酒も飲めます。ちなみにこの「キナーレ」は、こういった食事処有り、温泉有り、おみやげショップ有り、芸術祭期間中はパスポートも購入でき、作品も多数展示してある、必ず一度は行っておきたい「困ったらココ」的な場所のひとつです。

e0207974_4213656.jpg

入口(出口?)付近にあるタペストリー。

e0207974_4233340.jpg

アールになっている書棚。書棚の裏側はラジオのスタジオになってます。

e0207974_4343832.jpg

黒い物体はバル中央にある厨房&レジ。

e0207974_435019.jpg

座った席がたまたま4番テーブルでしたw

e0207974_4361539.jpg

「妻有ポーク100%こだわりハンバーグ」と

e0207974_4372613.jpg

「妻有ポークの八海山ビール煮込み」を注文しました。

e0207974_4385246.jpg

レジ脇に置いてあるおみやげ。

e0207974_4412879.jpg

バルの窓からもクリスチャン・ボルタンスキーの作品を見る事ができます。



思ったよりバル内の写真が少ないな。。。
[PR]
トラックバックURL : https://izanagraph.exblog.jp/tb/18993814
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by izanagraph | 2012-10-07 04:45 | 大地の芸術祭のこと | Trackback | Comments(0)